2018年01月17日

ATFのポーチについて

相変わらず続きます一人満足のATFコーナー。
今日はポーチ類(?)です。

調べているのが主にSRTなのでSRT主体になりますが、
装備品は統一されているようで、割とそうでもないというLEあるある(笑)です。
年代考証を考えるにしてもここ10年くらいは変化が少なく、結構安定しています。
バリエーションも多くあるので小物類は手を出しやすいと思います。


ATF SRTは職種によってまた分かれるので「ATFといったらコレ!」というのが難しい所ではありますが、いくつかキーアイテムはあります。


ATF全体としてもそうですが、ポーチ類はDBT製が非常に多いこと。
プレキャリがLBT6094主体になってからもポーチはDBTが多く、変化がありません。
UTOCに付属していたものを流用しているのか、DBT製は
アーマーからポーチからフルセットで納入されていたようですね。




ハンドカフポーチ、ラジオポーチ、ハイドレーションポーチは
DBT製で着用率が高く、ATFの基本装備と考えています。
ハンドカフポーチとラジオポーチはSRTのほか、
黒装備のエージェントでもよく見られます。



特に入手が難しいと思われるのがハイドレーションポーチ。
DBTが廃業したうえ、流通数も少ないようなのでかなり難易度が高いと思います。
大きくて目立つものゆえにここは同じもので揃えたいとこですが、
なぜ買いやすいLBTやEagleじゃないんだとファン泣かせです(笑)
今後どう更新されていくのか楽しみです。



マガジンポーチ類。
M4用は6094にせよUTOCにせよ、カンガルーポケットがありますので
装着数が少なめです。DBTかHSGのTACOですが、オープントップを好む模様。
(形が似ているのでEagleでも代用できそう)
ハンドガン用もDBTかTACOで、腰に付いている場合も多いです。
TACOはシングルでもダブルでも使用例があるのでお好みでよさそうです。



アドミンポーチは僅かながら使用例があり、TAGランページポーチが使われています。
6094の場合は胸部にカンガルーポケットがあるので
大抵はそれで事足りている様子。
むしろ所属のパッチをつけるので
ベルクロエリアは広く空けているような印象です。
ポーチを別途付けないのであまり着ぶくれすることもなく、
この辺は6094SRTの優秀さというか、便利さが伺えます。


背中のキーアイテム、ガスマスクポーチも着用率が高いアイテムです。
DBT製がほとんどですが、どこのかわからないのもチラホラ。




ラジオは背中につけてるのもカッコよくてありですね!
アンテナ処理はMASTか、MOLLEにそのまま挿してるパターンもあります。



ユーティリティポーチもDBT製多し。
黒色を付けている人もいますね。つける場所はそれぞれ工夫していますし、
他社製で似たような形のものも多いので代用とアレンジができそうです。



メディカルは割とバリエーションが多いアイテムです。
メディックかそうでないかによって違うのでしょうけど、
着用率が多いのはおなじみLBTブローアウトポーチ。


SOTECH


5.11


HSGのM3Tポーチ?


LBTのMed packにこのマルチカムのはリッターキャリア?でしょうか。


他にもアレコレとメーカー不明のポーチが色々あるんですが、
何となくよく見るアイテムだけ押さえておけば「ATFっぽさ」は出てくると思います。
悩みながら調べる過程が楽しかったりするんですよね(笑)

ではでは~。

  


2018年01月15日

ATFのショルダーアーマーについて

今日はATFのショルダーアーマーが気になる編(笑)です。
ブログもこうやって毎日書けると何だか楽しいですが、いつ忙殺モードに入るのか
分からないのでそれはそれは恐怖の毎日です(笑)



ATF SRTのフルアーマーの着用基準ですが、今のところはある程度隊員の自由だと予想しています。
写真を見る限り、職種(アサルター、メディック、スナイパー、K9等)によって着用がきっちり分かれて
いるわけでもないですし、訓練かそうでないかの違いもなさそうです。
2000年前半~去年までのほとんどで使用されており、現役装備です。

ネックガード、スロートアーマー、ショルダーアーマー、グローインアーマーがセットですが、
必ずしもフルで着用されているわけではなく、その時によってマチマチで気まぐれ感があります(笑)
ただし、フルアーマー状態はUTOCも6094も満遍なく見受けられるので、装備の調達時には必ずフルで購入していると思います。



2013年9月のSRTメディック。UTOCです。
右の隊員はウッドランドのパンツが良い味でてますね。


2013年のボストンテロ時に出動したネゴシエーター。UTOCです。
盾の品名は「イントルーダー」。用途そのまんま(笑)


訓練中のSRTメディック。6094です。
マルチカムのコンシャツとヘルメットカバーがカッコイイ!
RG x マルチカムって玄人感すごいですね。ヘルメットはops-coreっぽいですが、
インナーはチームウェンディのものに交換されてます。
前に自衛隊に納入実績のある業者さんが
「ウェンディのは使い勝手が素晴らしくここだけ交換する人もいる」
と教えてくれたのを思い出しました。


2016年4月に出動したSRT。6094です。
右の隊員はフード付きのジャケットにストーンカラーのパンツ、マルチカムのヘルメットと
こちらも玄人感全開。カッコイイ・・・


訓練中のK9ユニット。2016年2月。
6094にショルダーアーマーのみのようです。


容疑者宅への急襲前にブリーフィングをするSRT。
プレキャリはほとんどが6094でした。BDUはCryeとTru specがいます。


インタビュー中のSRT隊員。髭とニットキャップでアンダーカバー感がすごいです(笑)



ここからアーマーの比較です。
中々写真が見つからなかったのですが、↑はDBTのショルダーアーマー。


正式名は見つからず・・どうやらbattlelabのようです。


6094のアーマーは最初CIRASの流用だと思ったんですね。
LBTってプレキャリだけなイメージが強かったので、恐らく何かのオプションだろうと・・
フルアーマーといえばCIRAS。デルトイドといえばEagle(笑)


が・・・


なんか違う。



↑Eagleのデルトイドです。よく似てますが、長さ調節のDカンの形とか違いますし、
決定的なのはベルクロと上部の隙間とストラップの縫い方。


結構隙間空いてるよ!?
対してEagle製はベルクロから直接ストラップが伸びてるような縫い方です。


探したらなんかLBT純正のAncillaryパッケージというやつでした・・・
いやはや何とも。純正とは・・・


LBT2540という型番がついているみたいですが、調べても全然出てきません。
完全に本職専用なんでしょうか(当たり前か)
いいぞフルアーマー!?(笑)


ネットの片隅にひっそりと動画が公開されてました。
クイックリリースで一気にばらせるようです。
それにしてもアーマーの扱いが雑(笑)


いよいよハードルが高くなってきたATF SRT。
悩みが尽きません。どうしよう・・(笑)

ではでは~
  


2018年01月14日

ATFのプレートキャリアについて

ATF全体というか、主にSRTのプレートキャリアが気になるのでメモメモ・・

SRTが着用しているのは主にというかほぼDBT UTOCとLBTの6094だと思われます。



2010年6月フロリダで出動したATF SRT。この時はFBI SWATも一緒でした。
ATF SRTは連邦系にしては珍しくフルアーマーをよく見かけます。
ショルダー、グローイン、スロート、ネックに加えて
ポーチやハイドレーションもDBT(battle lab)のオンパレードです。



こちらは2012年11月あたりのエージェント。SRTではないかもしれませんが
同じくUTOCです。





2013年はボストンと海軍施設でのテロがあったため立て続けに大がかりな出動がありましたが、まだUTOCが多めな様子です。6094を着ている隊員もいますので、どちらでもいいのかも・・?


2016年5月のK9隊員。UTOCです。
DBTはオフィシャルサイトごと吹っ飛んでしまったのでアレですが、
この時期になるとLBT6094の着用率のが多い・・気がします←?(笑)



続いて6094。
2015年のトレーニング時です。


通常の6094とは形が違い、LBTのオフィシャルサイトにある6094-SRTではないかと。
SRTの名前がついてる割に「ATF用だよ」と書いてませんし、ラインアップに載せるあたり
別注ではなく通常モデルを採用したのかもしれません。
マーシャルとかはがっつり専用モデルでしたよね・・・



が・・・!
私服系のエージェントが色違いと思われる黒の6094を着ており、
これをLBTが公式動画で「ATF Vest」(動画中で6094ATF)と呼んでいます。



ベルクロ横のモールの配置が6094SRTとは違いますが、
隊員のもモールが付いてるのとないのがあるので
これは単なるサイズ違い(スペースの関係)っぽいです。

あとはサイト検索になぜか「6094B-ATF ATF/SRT Large Modular Plate Carrier」
というのがヒットするため(ページ自体はない)6094SRTとは別に
ATFの専用品があることを伺わせます。うーん、気になる。




写真を見る限り6094SRTとほとんど差がないように思えますが、
実際はどうなんでしょうか。


6094はUTOCと同じくらい採用歴があると思われますが、
2017年10月の時点でもSRT隊員が着ているのでまだ現役かと思います。
アーマー着用はフルだったりネックアーマーだけだったり、統一感があるようで結構バラバラ(笑)

あ~、欲しくなってきました(笑)
6094SRTでも探すのは難しいでしょうし、700ドル近くするので
怖いですが・・・

ではでは~  


2018年01月13日

ATFはじめます!?

年変わったし、何かLE系で新しく・・・


ATF!
けっこう有名なこの画像、ぼんやり眺めてたら改めてイケメン感がすごいなと(笑)
それで今年はATFもやってみることにしました。
(宣言するとなんかホラ、自爆の予感)

ATFってLE装備であんまりやってる人見かけないので不人気なんでしょうかね・・

まずは下調べ、ということで組織編制とかを。
例によって間違ってたらすみません。


昔は財務省の部門で、アルカポネを追っかけ回してた話が有名ですね。
今はFBI、DEA、マーシャルなどと同じく司法省の管轄です。

銃火器や爆発物、密造酒などの捜査に特化した機関で
武装した捜査員の他に非武装の調査員、研究施設や分析部門など幅広い人たちが働いています。
オフィスはワシントン、ニューヨーク、シカゴの他、
メキシコ、カナダ、エルサルバドル、ヨーロッパの各国大使館内にもあります。

武装しているのは主にスペシャルエージェントと、SWATチームであるSRTがあります。
SRTは地域ごとに5つのチームに分かれており、分担によって全米をカバーしています。
SRTの隊員もスペシャルエージェントです。

・Dallas, Texas
・Miami, Florida,
・Washington, D.C.
・Detroit, Michigan
・Los Angeles, California

SRT内でもスキル別に担当が分かれており、以下のような職種があるようです。

・タクティカル
(K9、スナイパー、アサルターなど)
・メディカル
(タクティカルメディック)
・ネゴシエーション
(交渉人)






大物(プレキャリ)の代表的な装備は主にDBTのUTOCやLBTの6094?と、
SRT以外では5.11のTactecやスリックボディアーマーも使用されています。
(DBTは廃業しちゃったので後継はどうなるんでしょうね・・)
SRTのBDUはTru specやCryeのG3など。




ジーンズやTANカラーのタクティカルパンツを履いた私服系ももちろんいます。
RG色の他に黒やマルチカムも使われていますので幅は広そうです。


SRTの採用ライフルはM4のロアーにHK416のアッパーを合わせたナナメ上をいくスタイル。


ハンドガンは40口径のglock22が採用品のようです。


スナイパーライフルも本格的なのを使ってます。

オフィシャルツイッターもあり、それなりに広報活動もしてるようです。
これからゆっくり追いかけていければ~。

駆け足ですが今日はこの辺で。では~。


  


Posted by Echo  at 02:12Comments(0)雑談アレコレLE

2018年01月08日

念願のTeam wendyヘルメット


チームウェンディのヘルメット!EXFIL Carbonです。
か、カーボン・・・


初ヘルメットで初実物です。
ヘルメットは欲しかったのですが、ミリタリーコスプレ用だけなのも
ちょっと寂しいのでレプリカは控えていました。


あーカッコイイ。
チームウェンディのヘルメットずっと欲しかったのです。
採用例がどうのという前に法執行機関が使うのはほとんどがバリスティックモデルなので
装備の再現という意味ではちょっとアレですが。

元々スキー事故で亡くなった娘のためってブランドメッセージ、
何か響くんですよね。一度は使ってみたい品でした。


こちらは法執行機関が使うモデル。
バリスティック!!って主張のパッチが良いです(笑)
付属品で最初からついているので一目でモデルが分かりますし、宣伝効果〇(笑)


後ろから見てもイケメン。
カーボンなのでえらい軽いです。
持って帰るとき空箱なんじゃないかと心配になったほど(笑)


久しぶりにVショーに行った戦利品です。
新品がかなり安く出ていたので思い切って買いました。
もちろん実物の格安なので息が止まりそうなレベルの値段ではありますが・・・
会場が広く?なっていてゆったりと買い物ができました。


NVGシュラウド、サイドレール、レールスロット、ショックコード、ベルクロ等
ぜんぶ入ってます。お得感満載。はやく全部取り付けたい・・・


ハイブリッドライナーが入っています。
試しに被ってみましたが、頭の形に合わせて調節できるようになっており、
ものすごいフィット感です。アレコレ交換可能なので末永いお付き合いができそうです。


ヘルメットも色々ありますよね。
こだわり始めると危険なアイテムな気がします(笑)

ではでは~  


Posted by Echo  at 20:01Comments(0)

2018年01月06日

【SL-K】新年はマグプルから


画像はSLですが・・・
今更ですが新年一発目です。本年もよろしくお願いします。(._.)


マグプルのMOE SL-K CARBINE STOCK (MIL-SPEC)です。
前回のSR556で今更ながらSLストック欲に火がついてしまい
「汝探すとよろし・・」と心のお告げに従って探してますが、なかなか出ないもんです(笑)
ヤキモキしているとこに手頃なSLKを発見したので購入しました。


SLKはレプリカが優秀(?)らしく、わざわざ実物の必要があるのかって感じですが
そこはロマンということで・・・!


こちらはIRONから出ているSLKレプリカ。ぱっと見では分からないほど
質感や色合いが似ているようです。完コピかと思いきや、調べたら細部がほんの少しだけ
異なるようなので見ていきたいと思います。


ここから実物です。MAGPUL刻印。
FDEカラーは実物の方が色が濃いようです。たぶん並べないとわからない程度ですが・・・


SLK刻印。実物のほうが僅かに文字のタテが短くシャープです。
レプリカは文字列全体がより正方形に近い感じで配置されています。


パーティングラインの切断面。ここもレプリカは形が違う模様。


パッドは見分けがつきやすい箇所の一つで、実物のほうがザラザラと細かいテクスチャです。
レプリカは光沢が強く、ものによってはネジ山の刻印もありません。


極めつけは内部のここ。実物は製造情報が入っています。
もちろん外からパッと見ではわかりません(笑)


買ったものは見れば見るほどカッコよく思えてきます(笑)
所有欲~。


とりあえず今日はこのへんで!

ではでは~

  


2017年12月15日

SR556 ポリスライフル

「忙しい」と言うと更に忙しくなるので抑えてます。
ブログ書いてます。現実逃避です(笑)

トレポンのオプションをどうするか考えながらネットしてたら変わったものを発見。


ヘニカー(ニューハンプシャー州)のローカルポリスにライフルが納入されたという
記事だったのですが、ルガーのSR556というライフルです。

なんかカッコイイー!でも民間っぽい機種だなぁ

と思ったらどうやらルガー社からの寄付だったようで、4丁のみ納入とのこと。
実際に使われてるか分かりませんが、こういうのをポリスライフルにするのも面白いですね。



正式名はSR556 Takedownというらしく、5.56mmのARタイプです。
Takedownの名前通り、工具なしでバレルを変えられるのが特徴だそうで、
弾は.300 AAC Blackoutや223 REMに対応したオプションもあります。
ほか、2ステージのピストンによる作動は特許システムです。なんかすごい・・・



個人的にいいなぁと思ったのは見た目(笑)で、MagpulのSLストックが渋いです。
現行モデルはKeymodレールが採用されています。


前のバージョンではクアッドレールだったようで、
↑これとかフロントがTROYっぽくもあり、自分のトレポンに雰囲気似ている・・かも!?


ガスブロックやバレル長は違うけど、参考になります。いいですなぁ。
SLストック欲しいかも!株急上昇です(笑)SL-Kではなくリブの入ったSL!



2014年にはTactical LifeでバリエーションモデルのSR762が
Top Rifles of 2014 From SPECIAL WEAPONS FOR MILITARY & POLICEに選ばれています。
ルガーのARクローンって結構人気なのかしら・・・知らなかった。




カスタムしてもカッコイイです!

ではでは~
  


2017年12月14日

トレポン外装のお手入れ


とうとう我が家の仲間入りしたトレポン。

なんだか所有が満たされてしまって眺めているだけで幸せなのですが(笑)
中古ゆえに外装が結構汚れているのが気になります。

メンテナンスというレベルではありませんが、軽くクリーニングしていきます。


テイクダウンしたらチャージングハンドルを引いてシリンダーassyとインナーバレル
を引き抜きます。前回に続き、実銃チックなテイクダウンにいちいち感動してます。
あぁ楽しい(笑)


やっぱりFCCのチャンバーに交換されていました。軽く試射したところ少し給弾不良があり、
Oリングなどのゴム類も劣化があるので内部については交換を検討します。
シリンダーも旧式だし、アップグレードかな・・・

あちこち触るついでに付いてるカスタムパーツを調べました。
↓外装は実物中心でこんなに・・・

レール:TROY TRX BattleRail Standard 9 Black
アッパー:Larue Tactical STEALTH Billet Upper LT007-A3
ロア:Prime(ColtM4A1カービン刻印)
チャージングハンドル:VLTOR/BCM GUNFIGHTER Charging Handle (5.56mm/.223) Mod4Latch
ガスブロック:Vltor Clamp-On Low Profile Gas Block
グリップ:Magpul MIAD
スリングプレート:DanielDefense Carbine Burnsed Loop
マガジン:システマ純正にSTANAGケースを加工取付


Larueのステルスアッパーはかなりお気に入りです!
ビレットなので表面にうっすらと見える加工痕が素敵(笑)



レールを外します。バレルまで分解はしないのでネジを2本外すだけ。
インチ規格のヘックスレンチが必要です。最初いつものクセでミリ規格を出しました(笑)

TROYはイージーインストールの製品が多いところも魅力的。
自分のような人間にはありがたい話です。


ネジをとって・・


固定用のツメと反対にナナメに回せばカチッとずれてくれます。
あとはそのまま引き抜くだけ。


けっこうサビサビ・・・


アウターバレルにもサビが浮いてます。塗装で「汚し風」なら良いのですが、
ホントに錆びてるのはダメゼッタイ。


レールの裏側も汚れている・・!なんだか大掃除の気分です。年末だし(笑)


各部の汚れをダスターで吹き飛ばし・・


ウェスで拭きあげ。アッパーはメカ類は何もついてない状態で単なる金属なので
汚れがしつこい場合はウェスをお湯で濡らして古い油分なども全部掃除します。
そのあと温風などで数時間しっかりと乾かします。


その後、サビ落としも兼ねて防錆スプレーで軽くコーティング。
ガンオイルがちょうど切らしてたので、クレ556を使用しています。


サビも落ちたのでこの後元通り組み上げて完成です。綺麗になってよかった~。
こうしてメンテ中も楽しいです(笑)

ではでは~


  


Posted by Echo  at 02:33Comments(0)エアガンアレコレ

2017年12月13日

トレポンをお迎え

ついにうちにもトレポン。
と、トレーニングウェポン・・・です。death。


たっっっかい・・!(涙)
もう自分へのクリスマスプレゼントということで納得させてます・・
見た目がカッコよく惚れてしまいました←


お迎えしたトレポンは実物パーツ入りの豪華仕様です。
アッパーの塗装がまた良い感じで。

トレポンといえばネットでちょっと調べたりするくらいで「なんかすごい」くらいにしか
思ってなかったのですが、まさか自分が買うことになろうとは・・・

中古なので初心者には危険領域ですが、痛い目見る覚悟の冒険ということで・・


惚れてしまったアッパーはラルー製の実物(!)ビレットアッパーです。
ロアはPrime製のコルト刻印。
前オーナーさんは結構ほったらかしだったようで、汚れているところはサビなどが浮いてます。
詳細もメカ部分はおろかパーツも「ここは実物」以外あまり出てこないという豪快な方で(笑)



剥げた塗装が良い味を出してます。


ピンなども茶色くなりかけているので清掃しないとダメですね。
メカは全然いじれませんが、外装の手入れは頑張ろうと思います。
グリップもMAGPULの実物、MIADです。


レールも実物。TROY TRX BattleRail Standard 9 Black。
TRXって4面レールのスタンダードと穴だらけのエクストリームがあるんですね。
TROYはドロップインのレールも持っているので実物2本目。
この感じ好きです・・。


ハイダーはAAC。たぶんレプリカ。LEとは関係ないライフルです(笑)


使い込まれてます。汚れてるなぁ。
ピンボケしましたが、ガスブロックはVLTORの実物。
写真撮り忘れましたがスリングエンドプレートもダニエルディフェンスの実物でした。
ひゃーすごい。


マガジンはシステマ純正にこれまた実物のマガジン外装を取り付けたもの。


トレポン初経験だと誰もが思うのでしょうけど、テイクダウンが楽。
とにかく楽。例に漏れず感動しました(笑)


シリンダーケースが黒なので現行のステンレスではなくアルミ製。
ホップはまさかのダイヤル式。FCCのドラムチャンバーに交換されているようです。
内部もメンテナンスかなこれは・・。

とにかくこれからゆっくりいじっていければと思います。

ではでは~

  


Posted by Echo  at 02:00Comments(0)エアガンアレコレ

2017年12月06日

パッチだらけ


ご無沙汰してます。年末ですね・・・

師走とか貧乏ナントカって言いますが、例に漏れず仕事漬けの毎日です。
実はストレス(笑)で色々買い込んではいるんですが、なかなかブログ書く時間が取れず。
あぁ無情。


で、ふと気づけばフラッグパッチがアメリカだらけになってたりします。
体は一つなのにいったい何をそんなに主張するというのか・・(笑)
というのはさておき、最近お気に入りなのがこちら↓


これと・・・

これ。
DEAが使用した(?)フラッグパッチのようで、2枚セットでした。
ブラックと、あと1枚はちょっと珍しい色です。

海外コレクターの方とトレードしましたが、所詮フラッグなんで
DEAとかホントのところは分からんですけどね(笑)

黒のジャケットの袖につけるとカッコよくて気に入ってます。



真っ黒なマーシャルバッジ。
念願叶って入手です。黒といえば黒なんでしょうけど、見た感じ反射が美しいクロームっぽいです。


スペシャルデュプティーのセカンドも持っていますが、
これは結構前の物で、比べてみると面白いことが。


書体が違う・・?Uのところとか結構違う気がしてます。掘り込みもスペシャルのほうが深いような。
他にもセンターシールやバッジ自体の厚みも微妙に差があったりします。
作っているメーカーが分からないのでメーカー差なのか年代差なのかが分かりませんが、
眺めてて楽しいです(笑)


それでは~